偉人のスピーチ ~成功と失敗~

モチベーショナルスピーチ~成功とやる気へ導く~

タイムスリップなんて馬鹿だと、コービー・ブライアントが引退した際に語ったので紹介

f:id:potentialight:20190925231618j:plain

Kobe Bryant (コービー・ブライアント


偉人のスピーチ

偉人と呼ばれる多くの人達は、成功体験だけでなく、過去にたくさん辛い思いをしています。色んな壁を乗り越えて、自分の夢へと突き進んだことで、はじめてその偉業を認められるのです。偉人達が私達に贈るスピーチには、そんな経験から生まれた大事にメッセージが込められています。当ページでは、世界中の偉人のメッセージを日本語に翻訳し、皆さんに提供していきたいと思います。

 

コービー・ブライアントはどんな人?

コービー・ブライアントのことを知らない人はいないと言って良いレベルでしょう。おそらくバスケットボールに触れたことがないという人でも、彼の名前をきいたことはあると思います。コービー・ブライアントはバスケットボールが天才的に上手く、頻繁にバスケの神様であるマイケル・ジョーダンに次ぐうまさであると言われています。このコービー・ブライアント、実は日本の神戸から名前が取られているのです。厳密には彼のお父さんが大好きだった神戸牛から(Kobe Beef)名前が取られたようです。

 

コービー・ブライアントNBAチャンピオンに5回輝いたことがあり、そのうち三回はシャキール・オニールと、残りの二階はパう・ガソルと共にチャンピオンシップを勝ち取りました。コービー・ブライアントは弛まない努力と精神力がトレードマークであり、よくほかのプレーヤーからMamba Mentalityの言われます。Mamba Mentalityとは、直訳するとマンバ(大蛇)の精神力ということになりますが、獲物を逃さないその大蛇の精神力に例えているのかもしれませんね。

 

さて、さっそく今回の醍醐味である、コービー・ブライアントのスピーチの方に参りましょう。今回のスピーチは個人的にも大好きなスピーチなので、翻訳して紹介します!※参考にした動画も見てみたいという方は、記事下にリンクを張っておくので是非見てみてください!

コービー・ブライアントのスピーチ

 

ある時、史上最高のバスケットボール選手になることを夢見た若きバスケットボール選手がいた。

 

毎日、そして毎年、次の年も、その次の年も、、、

 

そこから20年が経ち、彼はいつか成し遂げたいと思ったことをすべて成し遂げたのだった。

 

だが、史上最高のバスケットボール選手になるという夢は、すごく儚いものだと気づいた。

 

人生で最も大切なことは、自分のキャリアがどのようにして、周りの人に触れ、動かすか、ということを学んだのだ。

 

そして、それがどのようにして次の世代に引き継がれるかを。

 

それが本当の素晴らしさを作るのだと、気づくだった。

 

このストーリーは、変革についてになるだろう。

 

内向きになっている子供が、成長して、外を向いていくことの力を理解する話だ。

 

もし自分に、時間を巻き戻すパワーがあれば、そのパワーを使うことはないだろう。

 

考えてみると、今過ぎ去っていく時間には価値がなくなってします。

 

元に戻って、リセットできるのならば。

 

戻ってこない、最後の時間のフレーバーや美しさ。

 

パワーを使って、過去に戻って、それらを味わうことは私にとっては馬鹿げている。

 

 

引退したコービーのスピーチを振り返って

以上が今回紹介するスピーチのワンシーンになります!

 

世界でもトップレベルに君臨するコービー・ブライアント選手の引退試合で、彼個人で60点を得点し、コートを去りました。そんなコービーが一瞬一秒を大事にし、どう向上できるかを考えてきたかが伝わってきますね。そして、自分のみならず、周りの人にもどのような影響を与えることができるかが人生において最も大切であると彼が語ったことも非常に印象的でした。可能であっても、過去に戻る必要がないように、毎日をしっかりと生きていきたいですね!

 

「人生で最も大切なことは、自分のキャリアがどのようにして、周りの人に触れ、動かすか」ということが、このスピーチのキーワードなので覚えておきましょう。

 

ただスピーチを読んで「世の中にはすごい人がいるんだな~」と思って何もしないというのは非常にもったいないことです。せっかく時間をかけて読んだからには、このスピーチをモチベーションアップの材料にして、何か新しいことに挑戦してみて下さい!

 

参考に

コービー・ブライアント選手についてさらに深く知りたいという方は、こちらの動画も是非見てみてください。


Kobe Bryant | Best Motivational Speech | New [HD]

 

エルカミーノのアーロン・ポール「ジェシー・ピンクマンはただのキャラではない」と語る理由

f:id:potentialight:20190925192452j:plain

Jesse Pinkman(ジェシー・ピンクマン)演じるAaron Paul(アーロン・ポール


偉人のスピーチ

偉人と呼ばれる多くの人達は、成功体験だけでなく、過去にたくさん辛い思いをしています。色んな壁を乗り越えて、自分の夢へと突き進んだことで、はじめてその偉業を認められるのです。偉人達が私達に贈るスピーチには、そんな経験から生まれた大事にメッセージが込められています。当ページでは、世界中の偉人のメッセージを日本語に翻訳し、皆さんに提供していきたいと思います。

 

エル・カミーノのアーロン・ポール

アーロン・ポールという名前は聞いたことがなくても、ジェシー・ピンクマンという名前は聞いたことがある!という方は結構いるのではないでしょうか?アーロン・ポール氏演じるジェシー・ピンクマンはドラマシリーズ『ブレイキング・バッド』の主要人物の一人であり、そのやんちゃな性格からファンに人気がありました。ブレイキング・バッドの主人公は間違いなく、ウォルター・ホワイトですが、そのウォルター・ホワイトよりも人気があったと言っても過言ではないでしょう。

 

さて、なぜ今回アーロン・ポール氏に注目するかというと、実はこのアーロン・ポール氏、『ブレイキング・バッド』の新作映画の主人公に抜擢されたからです。ブレイキング・バッドのドラマバージョンはシーズン5で終わり、長い間続編はありませんでした。しかし、ブレイキング・バッドのスピンオフドラマである『ベター・コール・ソウル』がネットフリックスでシリーズ化され、今でも視聴することができます。

 

この新作映画のタイトルは『エルカミーノブレイキング・バッド THE MOVIE(El Camino: A Breaking Bad Movie)』で10月11日にNetflixで日本でも公開されます!

アーロン・ポールはどんな人?経歴・活動・年齢など

さて、現在40歳でエルカミーノの主役に抜擢されたアーロン・ポール氏ですが、1979年、アイダホ州エメットに生まれます。イギリス、ドイツ、スコットランド系の親を持ち、5人の子供の一番末っ子でした。地元の高校を卒業後、すぐにロサンゼルスへ渡り、ハリウッドの映画館でアルバイトとして働きながら、実際的な俳優活動を始めています。

 

International Modeling and Talent Associationが主催する大会に出場し、二位を獲得し、それによりエージェントとの契約にこぎつけて、1990年代後半には『新ビバリーヒルズ高校白書』や『メルローズ・プレイス』等の作品に出演し、どんどん有名になっていきました。

 

2014年のゴールデングローブ賞にノミネートされ、2010年、2012年、2014年にはプライムタイム・エミー賞のドラマ・ミニシリーズ部門で最優秀助演男優賞を授与されました。それ以外でも、2014年には他の『ブレイキング・バッド』のキャストらと共に全米映画俳優組合賞を受賞しています。

 

そんなアーロン・ポール氏は今回、ブレイキング・バッドで演じた経験についてインタビューを受けたので、その内容を翻訳して紹介したいと思います!

 

f:id:potentialight:20190925194137j:plain

Jesse Pinkman(ジェシー・ピンクマン)演じるAaron Paul(アーロン・ポール

エルカミーノ、アーロン・ポール氏のスピーチ

記者:昔のインタビューでは、ジェシー・ピンクマンの夢を見るとおっしゃっていましたが、それほど彼を演じることは感情的なことだったのですか?

 

ポール:最初の数シーズンかは、役柄から絶対にはみ出ないようにしていました。家に帰ると、アルバカーキの治安が悪いところでたむろしたり、ダサい格でうろついたりしていましたが、そのほうがもっと彼っぽく感じることができました。アルバカーキの裏道に朝の3~4時ごろ、彷徨い、ジェシーがいた世界に実際囲まれていたのです。そしてそれは、恐くもありました。

 

記者:その経験はあなたをどう変えましたか?

 

ポール:ジェシーが感情的にどういった状態にあったのかを理解するのに、参考になりました。裏道を歩いていたとき、実際にジェシーのように話していましたし、やばい奴らからタバコをもらっていましたし、そういう奴らにタバコをあげたりもしました。そして、セカンド・シーズンでブライアン・クランストンがある日、僕が非常に疲れていたことに気づきました。そして、「撮影が終わったら、衣装を脱いで、自分に戻っていいんだぞ」と言ってくれました。それから自分も、そうするようになりました。そのほうが簡単でした。

 

記者:それ大変だったと思います。結構深めのところまで行ったんですよね。

 

ポール:本当にあのガキが好きでした。彼に気を遣いましたし、僕にとって彼は、本当の人物のように感じました。僕が演じたキャラクターにすぎないことは分かっていますが、ジェーンが亡くなったとき、僕の心は打ち砕かれました。それは自分の一部でもあったからです。ウォルター・ホワイトがジェーンが亡くなるところを見ていたと、ジェシーに伝えたとき、自分の心は打ち砕かれたのです。ウォルターのことを、その時は耐えられませんでした。私達全員がそれぞれのキャラクターにつながりを感じていたと思います。そして、どの仕事においてもそういう風になることを期待していると思います。

 

アーロン・ポール氏のインタビューを振り返って

以上が今回紹介するスピーチの全文になります!

 

「自分の役柄につながりを感じていた」ということが、このインタビューのキーワードなので覚えておきましょう。

 

ただスピーチを読んで「世の中にはすごい人がいるんだな~」と思って何もしないというのは非常にもったいないことです。せっかく時間をかけて読んだからには、このスピーチをモチベーションアップの材料にして、何か新しいことに挑戦してみて下さい!

 

参考に

今回紹介したアーロン・ポールさんのインタビュー内容はこちらの動画から翻訳しました。興味のある方は、是非動画の方も見てみてください!

 


Aaron Paul on Jesse Pinkman: "To Me, He Felt Like a Real Person"

【グレタ】国連環境問題スピーチを完全翻訳!演説・経歴・活動・年齢等グレタさんも徹底解説!

f:id:potentialight:20190925144113j:plain

Greta Thunberg(グレタ・トゥーンベリ)

偉人のスピーチ

偉人と呼ばれる多くの人達は、成功体験だけでなく、過去にたくさん辛い思いをしています。色んな壁を乗り越えて、自分の夢へと突き進んだことで、はじめてその偉業を認められるのです。偉人達が私達に贈るスピーチには、そんな経験から生まれた大事にメッセージが込められています。当ページでは、世界中の偉人のメッセージを日本語に翻訳し、皆さんに提供していきたいと思います。

 

グレタ・トゥーンベリは誰なのか?

グレタ・トゥーンベリ(Greta Thunberg)氏は今回、国連の気候変動の必要性を訴え、各国政府に対策を呼びかけるために、国連本部で開かれている気候行動サミットに出席しました。小泉進次郎氏が国連の場でSexy(セクシー)やCool(クール)と発言したことが話題になっていましたが、世界的にはグレタさんのスピーチの方が圧倒的に話題になっていました。グレタさんが各国に環境問題に対する施策を講じることを訴えかけるスピーチの動画リンクは記事下に添付しておきます。後で、興味のある方は是非見てみてください。この記事では、英語で語られているこの動画の完全翻訳と徹底解説と共に、グレタ・トゥーンベリさんが一体どのような人なのかについて、具体的に紹介していきたいと思います。

 

グレタ・トゥーンベリという名前を聞いたことがある人は少ないでしょう。なぜなら彼女の年齢がまだ16歳だからです。この年齢で有名になるのは大抵歌手か俳優、もしくはスポーツ選手でしょう。だがしかし、彼女は歌手でも俳優でもスポーツ選手でもありません。彼女は活動家なのです。では、具体的に何の活動をしているのか今回は見ていきたいと思います。※スピーチだけを読みたいという方はグレタさんのスピーチのところへジャンプしてください。

グレタさんはどんな人?経歴・活動・年齢など

グレタさんは現在16歳のスウェーデン人です。名前は英語表記では、Greta Thunbergで、日本語読みではグレタ・トゥーンベリですが、グレタ・トゥンベリと言う人もいるようです。2018年8月にスウェーデン議会前で第一回気候変動問題のための学校ストライキを実施し、そこからどんどんと注目を浴びていくようになりました。気候変動問題のための学校ストライキは全世界に普及していき、フランスやアメリカ合衆国などで、頻繁にデモが行われています。2018年12月時点では、この活動は、全世界の270都市と2万人規模にまで膨れ上がりました。これらの活動から、彼女はTIME誌の最も影響力のある100人に選ばれたり、ノーベル平和賞の候補者に選ばれたりもしました。

 

2018年11月には、グレタさんはアスペルガー症候群、注意欠陥・多動性障害、強迫性障害場面緘黙症などを診断されたと述べられました。このことに対して、グレタさん自身は、非常に誇りに思っているとのことです。

 

そんなグレタさんは、今回、国連の温暖化対策サミットに出席するため、カーボンフットプリントを残さないように、わざわざ飛行機ではなくヨットで大西洋を横断してきました。そして、熱意をこめて大人たちに対してスピーチをしたので、その演説内容の全てを日本語に翻訳して紹介します。

 

f:id:potentialight:20190925161051j:plain

Greta Thunberg(グレタ・トゥーンベリ)

グレタさんのスピーチ全文

これは全部間違っています。

 

私は今、ここ(国連)にいるべきではないのです。

 

私は海の反対側にある、学校に通っているべきなのです。

 

それなのに、あなたたちは私達若者に希望を求めます!

 

そんなことをよくできますね!

 

あなたたちは口先だけで、私の夢そして幼少期を奪いました。

 

それでも、私はまだ恵まれている方なのです。

 

多くの人たちが苦しみ、多くの人たちが死んでいるのです。

 

全てのエコシステム(自然生態系)が破壊されていっているのです。

 

私たちは大量絶滅の始まりにいるのにも関わらず、 あなたたちは、お金や、経済発展などの理想論ばかり。

 

よくもそんなことができますね!

(会場からは拍手喝采

 

30年以上にわたり、科学ははっきりと証明しています。

 

よくも、そのことから目をそむけて、ここに来て、自分たちは十分やっていると、言えますね。

 

必要とされている行政や解決策はどこにも見当たらないのに。

 

あなたたちは私たちに“聴いているよ”と言い、そして緊急性も理解していると言います。

 

しかしどれだけ私が悲しみ、怒っていようとも、私はそれを信じたくないのです。

 

もしあなたたちが状況を理解しつつ、わざと行動を起こしていないのであれば、それはあなたたちが邪悪であるということになります。

 

私はそのことを信じたくないのです。

 

支持を集めている二酸化炭素排出量を10年で半分にするという案も、地球の平均気温を1.5℃以下に抑えられる可能性は50%しかないのです。

 

そのことによる、取り返しのつかない連鎖を埋め合わせることは、不可能になります。

 

あなた達は50%で満足しているかも知れません。

 

しかしそのデータには、ティッピング・ポイントやフィードバックループ、大気汚染の裏にある温暖化、そして環境に対する正義や公平性などは含まれていません。

 

そして、私たちの世代は、あなた達の何千億トンもの二酸化炭素を、未確立な科学技術で取り除くことを求められている。

 

だから、50%のリスクは私たちにとって、シンプルに受け入れられることではないのです。

 

私たちは、それがもたらす結果とともに生きなければならないのです。

 

気候変動に関する政府間パネル」が発表した、地球の温度上昇を1.5℃以下に抑える可能性を67%にするために残っている二酸化炭素の量は、2018年1月の時点で420ギガトンでした。

 

今日、そのデータはもう350ギガトンにまで減少しています。

 

なぜこれまでと同様に、そして技術的な解決策があればこの問題は解決できるかのように振舞っていられるのでしょうか。

 

現在の排出ペースを続ければ、残っているカーボンバジェット(温室効果ガス累積排出量上限)は、8年半以内に使い切ることになります。

 

この現状に合う、解決策や計画は作られないでしょう。

 

これら数字では、ダメだからです。

 

そしてあなた達は、私たちにはっきりとそれを言えるほど大人びていない。

 

あなた達は、私たちを幻滅させている。

 

しかし、若い世代もあなた達の裏切りに気づき始めています。

 

将来の世代の目は、あなた達に向けられています。

 

そして、もしあなた達が私たちを裏切ることを選ぶのであれば、私たちは絶対に許しません。

 

私たちは、あなたたちを見逃さない。

 

この場所、この瞬間に、一線を引きます。

 

世界は気付き始めています。

 

変化が起きようとしています。

 

あなた達が望もうが望むまいが。

 

グレタさんの演説を振り返って

以上が今回紹介するスピーチの全文になります!

 

「他の人に期待して、任せっきりにするのではなく、自分たちの手で行動しなければならない」ということが、このスピーチのキーワードなので覚えておきましょう。

 

ただスピーチを読んで「世の中にはすごい人がいるんだな~」と思って何もしないというのは非常にもったいないことです。せっかく時間をかけて読んだからには、このスピーチをモチベーションアップの材料にして、何か新しいことに挑戦してみて下さい!

 

参考に

今回紹介したグレタ・トゥーンベリさんの演説内容はこちらのスピーチ動画から翻訳しました。興味のある方は、是非動画の方も見てみてください!

 


Greta Thunberg to world leaders: 'How dare you? You have stolen my dreams and my childhood'

【保存版】アンドリュー・ヤンとはどんな人?経歴・職歴・政策などをを徹底解説!

f:id:potentialight:20190922225501j:plain

Andrew Yang (アンドリュー・ヤン)


偉人のスピーチ

偉人と呼ばれる多くの人達は、成功体験だけでなく、過去にたくさん辛い思いをしています。色んな壁を乗り越えて、自分の夢へと突き進んだことで、はじめてその偉業を認められるのです。偉人達が私達に贈るスピーチには、そんな経験から生まれた大事にメッセージが込められています。当ページでは、世界中の偉人のメッセージを日本語に翻訳し、皆さんに提供していきたいと思います。

 

アンドリューヤンって誰???

今回、本記事で徹底解説するのはアンドリュー・ヤン氏です。

これを聞いて、ああ元アメリカ合衆国国連大使の、あのアンドリュー・ヤンか、と思った人もいるかも知れません。残念ながら、その方はアンドリュー・ヤングになります。ちなみに彼はAndrew Yangではなく、Andrew Youngなので、そこの違いにに注意しましょう。

https://en.wikipedia.org/wiki/Andrew_Young

 

このページで紹介するのは、2020年米大統領選で民主党として出馬している、アジア系アメリカ人です。主に偉人のスピーチを紹介している当ブログで、なぜ今回アンドリュー・ヤンの解説記事を書こうと考えたのか。それは前回紹介したこちらの、アンドリュー・ヤン氏の記事が大きな反響を呼んだため、紹介記事も併せて載せた方が読者にとって、より分かりやすくなるだろうと思ったからです。

 

motivationalspeech.hatenablog.jp

 

アンドリュー・ヤン氏の家族

では早速、経歴の方を見ていきましょう。アンドリュー・ヤン氏は、1975年1月13日に生まれています。現在の年齢は44歳だということになりますね。彼はニューヨーク州のスケネクタディ―に生まれています。彼の寮心は台湾系であり、カリフォルニア大学バークレー校の大学院に在籍している時に、で出会いました。彼の父親は物理学のPh.D.(博士号)を取得し、IBMゼネラル・エレクトリックなどで勤務し、69個の特許を取得しています。一方で、母親は統計学修士号を取得しています。また、心理学の博士である兄・ローレンス氏もいます。家族全員が学者であり、とてもインテリな一家ですね。

 

現在はヤン氏には、妻と二人の息子がいます。長男は自閉症であり、その息子の事をヤン氏はとても誇りに思っていると、よくメディアに語られています。現在はニューヨークに住んでおり、キリスト教を信仰しています。

 

アンドリュー・ヤン氏の学歴

 アンドリュー・ヤン氏は幼いころ、地域の人種構成のほとんどを白人が占める地域で公立校に通い、そこでいじめに遭いました。

Perhaps as a result, I've always taken pride in relating to the underdog or little guy or gal

おそらく結果として、弱い立場にいる者や小さな男性/女性につながりをもつことに、常に誇りをもっていました。

 彼がこう語っているように、クラスメイトからいじめられ、後にフィリップス・エクセター・アカデミー(Phillips Exeter Academy)に入学しています。これはニューハンプシャー州にある、世界でもトップクラスの全寮制エリート校です。その後、アイビーリーグ(Ivy League)の一角をなす、ブラウン大学に入学しています。そこでは経済学と政治学を主に学び、1996年に卒業しました。最終的には、これまたアイビーリーグの一つである、コロンビア大学ロースクールに入学し、J.D.(ジュリス・ドクター、または法務博士)を取得し、1999年に卒業しました。

f:id:potentialight:20190922233652j:plain

Andrew Yang (アンドリュー・ヤン)

 

アンドリュー・ヤン氏の職歴

アンドリュー・ヤン氏は卒業後、Davis Polk & Wardwellという法律事務所で働きますが、すぐにオフィス仲間と共に、Starving.comを起業するために辞めてしまいます。

 

その後、2002年から2005年までは、ヘルスケア・スタートアップでバイスプレジデントを務めました。そして、ヘルスケア業界で4年間働いた後、友人に誘われ、小規模なGMATの試験準備会社、Manhattan Prepに入社しました。この時期、有名なポッドキャストであるFreakonomicsにも出演しました。

 

2006年に彼は同社のCEOになり、拠点を5か所から69か所に拡大し、2009年12月にKaplan, Inc.に買収されました。そして、2012年初頭にアンドリュー・ヤン氏は社長を辞任しました。

 

そして最も注目すべきなのが、2011年に創業した非営利組織であるVenture for America(VFA)でしょう。

 to create economic opportunity in American cities by mobilizing the next generation of entrepreneurs and equipping them with the skills and resources they need to create jobs.
次世代の起業家を動員し、雇用を創出するために必要なスキルとリソースを提供することにより、アメリカの都市で経済的機会を創出します。

 と、いうのが事業のミッションです。

2016年には、VFAを通してローンチされたミシガン州デトロイトの6つのスタートアップに着目したドキュメンタリー映画、Generation Startupが公開されました。

2017年にはCEOを退き、現在の総資産はForbes, Wall Street Journal, Newsweekによるところ、約834,000ドルから4百万ドルだと推計されています。

 

アンドリュー・ヤン氏の選挙活動

アンドリュー・ヤン氏は2020年の米大統領選に民主党として出馬しているわけですが、その名が知られ始めたのは、人気ポッドキャストのThe Joe Rogan Experienceに出演してからでした。その後ヤン氏は、着々と支持を集めていき民主党の公開討論にも、複数回参加しています。

 

彼の政治ポリシーは「右でもなく、左でもなく、前に進む」ことです。そして彼の最も特徴的な政策は"Freedem Devidend"(自由の配当)という名のUBI(ユニバーサル・ベーシック・インカム)です。この政策では、月10万ドルをアメリカ国民に毎月配布することを約束しています。トランプ氏の掲げる"Trickle Down Economics"(大企業を優遇することによる、全国民が恩恵を受けられる)政策を支持するのではなく、"Trickle Up Economics"(下からどんどん上に上がっていく経済政策)を推奨しています。月10万ドルを全国民に配布することにより、消費が活発になり、個人にとっても企業にとって、そして最終的には国にとってもプラスであると主張しているのです。

 

他には医療保険制度を普及させたり、炭素税を導入したり、パリ協定に復帰することなどを政策として挙げています。160個ある全ての政策は、下記のリンクから確認することができます。

https://www.yang2020.com/policies/

 

f:id:potentialight:20190919185708j:plain

Yang Gangがかぶる、MATHの帽子

"Yang Gang"という熱狂的な支持者たち

アンドリュー・ヤン氏はアメリカでは異例の、アジア系アメリカ人です。そしてアメリカの全国民に10万ドルを配布するという政策もこれまた異例です。そんなアンドリュー・ヤン氏の名は瞬く間に全米に広がり、トークショーポッドキャストなどに、引っ張りだこです。

 

彼を支持すると表明したのは、起業家のイーロン・マスク氏や元バスケットボール選手のドミニク・ウィルキンズ氏などです。また、彼に資金援助をした人物には、Twitter社CEOのジャック・ドーシー氏や俳優のニコラス・ケイジ氏にノア・センティアノ氏などがいます。また、世界的Youtuber(ユーチューバ―)である、ライアン・ヒガ(チャンネル名はnigahiga)も資金援助をしています。

 

 彼のユニーク政策はもちろんですが、多くの人を惹きつけている最大の理由は、彼の政治家らしくない自然体なところにあるでしょう。彼は非常にロジカルで、データ主義者。無理に着飾らずに、いつも理路整然とインタビュアーの質問に答えています。様々なアクティビティにも積極的に参加し、スポーツやダンス等を一般人たちとしているところがメディアで見られます。トランプ大統領のように、他人を名指ししてむやみやたらに批判することはせずに、物事を常に客観的に分析して話す姿は聴衆としても、とても安心感があります。

 

そんなアンドリュー・ヤン氏を支持する人たちのことを"Yang Gang"(ヤング・ギャング)と言い、MATH(Make America Think Harder)と書かれた帽子をかぶることで話題になっています。Make America Think Harderとは、アメリカ人にもっとしっかりと考えさせる、という意味です。今アメリカに必要なのは、誰かを悪者扱いすることではなく、根本的原因を考えて、必要な施策を取ることだということを、主張しています。

 

アンドリュー・ヤン氏の今後に注目

そんなアンドリュー・ヤン氏の人気は民主党支持者のみにとどまらず、ヤン氏曰くトランプ大統領に投票した人たちからの支持も集めていると言います。

 

彼が、民主党大統領候補者であるジョー・バイデン前副大統領やエリザベス・ウォーレン氏らの支持率を凌駕し、最終的に大統領に選ばれるまでに至るのか。これからの、アンドリュー・ヤン氏の活躍に期待と注目が集まることに、違いはないでしょう。

 

 

 

【ホアキン・フェニックス】ジョーカー主役が授賞式で熱く語ったスピーチの全文翻訳!!!

f:id:potentialight:20190922220638j:plain

Joaquin Phoenix (ホアキン・フェニックス


イントロ

偉人と呼ばれる多くの人達は、成功体験だけでなく、過去にたくさん辛い思いをしています。色んな壁を乗り越えて、自分の夢へと突き進んだことで、はじめてその偉業を認められるのです。偉人達が私達に贈るスピーチには、そんな経験から生まれた大事にメッセージが込められています。当ページでは、世界中の偉人のメッセージを日本語に翻訳し、皆さんに提供していきたいと思います。

 

ジョーカーJoker主人公のホアキン・フェニックス

Joakin Phoenixホアキン・フェニックス)氏が主人公を演じる、10月4日公開の、ジョーカー(Joker)。最近アクアマンの公開で、波に乗っているDCコミックの最新作となります。ジョーカー(Joker)自体は、バットマンシリーズでもよくでてきており、ご存知の方も多いのではないでしょうか。クリストファー・ノーラン氏が監督を務めた、ダークナイト・シリーズでもジョーカー(Joker)は登場しています。

 

さて、今回はこのジョーカー(Joker)最新作で主演を務める、Joakin Phoenixホアキン・フェニックス)氏が授賞式で語ったスピーチを紹介したいと思います。世界的俳優である、ウィレム・デフォー氏からアワードを手渡されたJoakin Phoenixホアキン・フェニックス)氏は、今は亡き弟に感謝の意をスピーチの中で述べています。そのスピーチの全文を翻訳しましたので、早速読んでみてください。

 

ホアキンのスピーチ全文

 

ありがとう。

 

そしておやすみ。

 

冗談だよ笑

 

ウィレム、紹介してくれてありがとう。君は私の大好きな俳優だよ。

 

あの、、、ここだけの話、誰が私に、なんでこの賞をくれたのかはっきり分からないんだ。

 

そして、正直に言うとどうでもいい。

 

私の広報が、誰かが君にアワードを渡したいらしいと言ったので、分かったと言った。

 

やりましょう、と。

 

今日ここにでてきて、しょうもないジョークをいくつか披露しようと思いましたが、その動画を見てから、非常に多くの感情があふれてきました。

 

私のキャリアに影響をもたらした多くの人のことを考えていました。

 

ジョー・サームというNBCのキャスティングのトップがいましたが、私の母親は彼の秘書でした。

 

そして、彼が私をアリス・バートンというエージェントに紹介してくれた最初の人になります。

 

素晴らしいエージェントです。

 

私は、彼らに対してとても多くの借りがあります。

 

彼らは私のキャリア、そして人生も変えてくれました。

 

私は8歳の時から演じていたので。

 

ただ、あの動画をみていた時は、ほとんど家族のことを考えずにはいられませんでした。

 

私の兄弟であるである、レイン、リバティー、そしてサマー。

 

しゃべったり、会ったりしませんが、、、今でも親友です。

 

このスピーチでは、それを言うべきではなかったでしょう笑

 

私が15、16歳当たりのころ、私のブラザーであるリバーが仕事から帰ってき、レイジング・ブルという映画のVHSのコピーを持っていました。

 

そして、私を座らせ、見させられました。

 

そして、次の日も私を起こし、もう一度、見させてきました。

 

彼は、君はもう一度俳優をやり、これが君のやるべきことなのだ、と言ってきました。

 

彼は、疑問形ではなく、命令形でそれを言ってきたのです。

 

ですので、俳優業を通じて、とても素晴らしい人生を過ごせている今では、彼には感謝しきれないです。

 

そして、私の父親、ジョン・リーにも一言いたい。

 

彼は、今まであってきた中で最悪のマザー・ファッカーです。

 

彼は私に、非常に大切なワーク・エシック(仕事術)を仕込んでくれました。

 

トッドは今、目を背けているでしょう。

 

ごめん、監督であるトッド・フィリップスとのワーク・エシックをそこまで発揮できなかったかもしれませんが、それ以外の全ての映画では存分に発揮しました。

 

そして母親にも、感謝を述べたいです。彼女は常にインスピレーションであり、素晴らしい価値観や教訓を教えてくれました。

 

私がやることはすべて、彼女のためです。

 

マドリ―、愛しているよ。

 

ホアキン・フェニックスのスピーチのまとめ

以上が今回紹介するスピーチのワンシーンになります!

 

ホアキン・フェニックスは非常にチャーミングで愉快な方ですが、今回の授賞式ではキャリア、そして人生において助けてくれた多くの方達への感謝の言葉をしっかりと述べられていました。その姿勢に私達も見習いたいものです。

 

「まわりの人達への感謝」ということが、このスピーチのキーワードなので覚えておきましょう。

 

ただスピーチを読んで「世の中にはすごい人がいるんだな~」と思って何もしないというのは非常にもったいないことです。せっかく時間をかけて読んだからには、このスピーチをモチベーションアップの材料にして、何か新しいことに挑戦してみて下さい!

 

参考に

ホアキン・フェニックス氏についてさらに深く知りたいという方は、こちらの動画もぜひ参考にしてみてください。

https://globalnews.ca/video/5882454/joaquin-phoenix-thanks-his-deceased-brother-river-for-his-acting-success

 

【アンドリュー・ヤン】アメリカ2020年選挙、期待の星が全米各地に嵐を巻き起こす

f:id:potentialight:20190922234446j:plain

Andrew Yang (アンドリュー・ヤン)


偉人のスピーチ

偉人と呼ばれる多くの人達は、成功体験だけでなく、過去にたくさん辛い思いをしています。色んな壁を乗り越えて、自分の夢へと突き進んだことで、はじめてその偉業を認められるのです。偉人達が私達に贈るスピーチには、そんな経験から生まれた大事にメッセージが込められています。当ページでは、世界中の偉人のメッセージを日本語に翻訳し、皆さんに提供していきたいと思います。

 

アンドリュー・ヤンは大スター

Andrew Yang(アンドリュー・ヤン)氏のことを知っている人はおそらく日本では少数派であろう。アメリカでは実は、アンドリュー・ヤン氏のことをアメリカ市民に10万円を配ろうとしている、アジア人大統領候補者として面白がられているのです。彼は2020年の大統領選で民主党として、出馬しています。彼のユニークなところは、上記のUBI(ユニバーサル・ベーシック・インカム)に加え、良い意味で政治家らしくない自然体で選挙に挑んでいるところでしょう。アンドリュー・ヤン氏は主にリベラルの左派から支持を集めていますが、ヤン氏曰くトランプ大統領支持者からも票を集めているそうです。一部の熱狂的なファンには、自らのことを、"Yang Gang"(ヤング・ギャング)と呼ぶ人たちがいます。彼らは"MATH"と書かれた帽子をかぶり"Make America Think Harder"(アメリカ人に、もっとしっかりと考えさせる)という理念を主張しています。そんなアンドリュー・ヤン氏ですが、今日は彼のスピーチの一部を紹介したいと思います。

 

f:id:potentialight:20190919185708j:plain

Yang Gangがかぶる、MATHの帽子

https://shop.yang2020.com/products/math-hat

※上記がYang Gangのグッズを売っているオフィシャルサイトになります。

 

Andrew Yangのスピーチ

 

記者:これは非常に重要なポイントです。ワシントンDCは犯罪者で占められているのではありません。議員も悪い人ではありません。彼らは全員、政策を支持しようがしまいが、善い事をしようとして議員になっているのだと思われます。しかし、彼らはシステム(社会構造)の中で生き延びようとするが故に、このような行動をとらざるを得なくなるのです。だから、ひとつの重要なことは議員を悪者扱いしないことだと考えます。システムそのものに立ち向かわなければならないのです。だから、問題解決のプロである起業家のあなたに、このトピックに関する意見を伺いたいです。

 

ヤン氏:分かりました。おそらくここにいる人たは、皆同じことを考えていると思います。おそらく、世の中の様々なところが歪んでいるように見えるでしょう。ファイナンスなどでは特にそうでしょう。しかし、ある特定の人を悪者扱いするのは簡単です。時によっては、彼らは悪いことをしているのも事実です。でも、私達が本当に着目すべき点は、どのようにしてシステムそのものを直すかです。人を人のように扱わず、経済の一部としてしかみなさないようなシステムの事です。これは、みんなが立ち向かわなければならないミッションです。この国を守っている神聖な信頼性を、そのシステムは外へ押しのけようとしています。すると、もう後戻りはできなくなります。皆さんも感じるでしょう。だから私は大統領選に出馬しているのです。私は、大統領になることを夢見て出馬しているわけではありません。私はアメリカ人であり、親であり、見えてくるこの将来像を私は受け入れたくはないため、大統領選に出馬するのです。

 

まとめ

以上が今回紹介するスピーチのワンシーンになります!

 

多くの場合、我々は自分がかわいそうだとか、誰かが悪いとか、本質的ではないことに時間を費やしています。本当は、なぜこうなってしまったのか。原因を突き止めた後は、どう対処すべきなのか、という論理的なステップを踏むべきなのです。アンドリュー・ヤン氏はMATH(Make America Think Harder)を標榜している程なので、アメリカ国民に現代社会の問題をしっかりと考えさせることに、着目しています。政治家や、ある特定の富裕層や人種を悪者扱いするのではなく、根本的な社会構造(システム)を直す必要があると訴えかけています。社会と経済の分断が進むアメリカで、ヤン氏は人々が今までより、一層深く政治・経済・社会について考えなおさなければいけないと主張しました。

 

「しっかりと根本の原因を考える」ということが、このスピーチのキーワードなので覚えておきましょう。

 

ただスピーチを読んで「世の中にはすごい人がいるんだな~」と思って何もしないというのは非常にもったいないことです。せっかく時間をかけて読んだからには、このスピーチをモチベーションアップの材料にして、何か新しいことに挑戦してみて下さい!

リーチ・マイケル、ラグビーワールドカップ2019への熱意を海外メディアに語ったので紹介

f:id:potentialight:20190918201727j:plain

主将(キャプテン)リーチ・マイケル選手(Team captain, Leitch Michael)

偉人のスピーチ

偉人と呼ばれる多くの人達は、成功体験だけでなく、過去にたくさん辛い思いをしています。色んな壁を乗り越えて、自分の夢へと突き進んだことで、はじめてその偉業を認められるのです。偉人達が私達に贈るスピーチには、そんな経験から生まれた大事にメッセージが込められています。当ページでは、世界中の偉人のメッセージを日本語に翻訳し、皆さんに提供していきたいと思います。

 

リーチ・マイケルはどんな人?経歴・職歴・年齢など

ラグビーワールドカップ2019は日本・東京で9月20日に、東京スタジアムで開幕式が行われます。日本はここ数年五郎丸選手の活躍もあり、国内外の注目を浴び続けています。今回2019年ラグビーワールドカップに日本が挑戦するにあたり、主将(キャプテン)のリーチ・マイケル(Leitch Michael)選手が意気込みを語りました。現在30歳であるリーチ・マイケル選手はラグビーが盛んなニュージーランド生まれです。15歳の時にはじめて留学生として日本に来て以来、東海大学東芝ブレイブルーパスなど数多くのチームでプレイし、2013年に日本国籍を取得しました。

 

また、大のコーヒー好きとしても有名であり、2015年には東京都府中市内の東芝グラウンド付近に「Cafe+64」をオープンしました。ちなみに、64はニュージーランドの国際電話の国番号なのだそうです。こちらに「Cafe+64」の食べログのリンクを添付しておきます。興味のある方は、是非訪ねてみてください。

https://tabelog.com/tokyo/A1326/A132602/13185077/

 

今回は、そんなリーチ・マイケル選手がイングランドで開催されたラグビーワールドカップ2015で海外メディアに語った、ラグビーワールドカップ2019への意気込みを、ご紹介したいと思います。

 

※本記事はリーチ・マイケル選手が海外メディアに対して話した内容を翻訳していますので、リーチ・マイケル選手と記者との交互のインタビュー形式でご紹介します。

 

リーチ・マイケルのスピーチ

 

記者:おめでとうございます。4試合中3試合勝って、誇らしい気持ちですかキャプテン?

 

リーチ:はい、とても誇らしいです。今日の試合はおそらく4試合中最も厳しかったです。

 

記者:複雑な心境ですね。ベスト8を目指していたと思いますが、あいにくそれは叶いませんでした。しかい、今までで最も大きな成果を出せたのではないでしょうか?

 

リーチ:メインゴールはベスト8に到達することで、それは叶いませんでしたが、ワールドカップで4試合中3試合勝つことができたのは、日本にとって素晴らしいことだと思います。

 

記者:本大会では沢山のファンができましたね。日本にとって、これがどういう意味を持つのかを教えてください。

 

リーチ:2019年のラグビーワールドカップでは、ファンベースによるサポートがありますので、日本に戻ってきたときには、引き続きサポートをしてくれることを期待しています。

 

記者:ワールドカップ全体に対する、全体的な感想は?

 

リーチ:全体的に雰囲気は最高でしたし、この日本代表チームは比較的新しいチームですので、これをベースにして2019年のラグビーワールドカップに挑むことができると思います。

 

記者:すべては2019年のためですね。

 

リーチ:はい、そうです。すべては2019年のためです。

 

記者:これからの活躍も、期待しています。ありがとうございました。

 

リーチ:ありがとうございます。

 

 

リーチ・マイケルのスピーチを振り返って

以上が今回紹介するラグビー日本代表主将(キャプテン)のリーチ・マイケル選手の海外メディアとのインタビューになります!

 

ここ数年、日本でもラグビー熱は凄まじいものになっており、2019年9月20日金曜日から2019年11月2日土曜日まで開催されるラグビーワールドカップ2019もすごい盛り上がりになりことでしょう。国内外からの期待を背負った日本代表、そしてリーチ・マイケル選手には是非とも頑張っていただきたいですね!

 

「すべては2019年のため」ということが、このインタビューのキーワードなので覚えておきましょう。

 

ただスピーチを読んで「世の中にはすごい人がいるんだな~」と思って何もしないというのは非常にもったいないことです。せっかく時間をかけて読んだからには、このスピーチをモチベーションアップの材料にして、何か新しいことに挑戦してみて下さい!

 

アド・アストラ主役のブラッド・ピット、幸せは過大評価と話す理由

f:id:potentialight:20190918172208j:plain

ブラッド・ピット)Brad Pitt

偉人のスピーチ

偉人と呼ばれる多くの人達は、成功体験だけでなく、過去にたくさん辛い思いをしています。色んな壁を乗り越えて、自分の夢へと突き進んだことで、はじめてその偉業を認められるのです。偉人達が私達に贈るスピーチには、そんな経験から生まれた大事にメッセージが込められています。当ページでは、世界中の偉人のメッセージを日本語に翻訳し、皆さんに提供していきたいと思います。

 

ブラピってどんな人?経歴や職歴・学歴など

日本国内ではブラピとして親しまれている、ブラッド・ピット氏はこの度、アド・アストラという映画の主人公を演じることが決定しました。アド・アストラの公開日は9月20日であり、公開を待ち望んでいるファンの方達も多いのではないでしょうか。9月12日には、ブラッド・ピット氏本人がわざわざ来日し、日本のファンを盛り上げてくれました。そんなブラピは、一体どのような人なのか。1963年にアメリカ合衆国オクラホマ州で生まれた彼は、ミズーリ大学コロンビア校へ進学しました。ところが、卒業し学位を取得する2週間前に、実は大学を中退してしまいました。どうしても俳優になりたいと、そこから現金325ドルを手に、ロザンぜルスに飛び、映画レッスンを受ける傍らレストラント店員や運転手の仕事をしたのでした。そしてついにハリウッドデビューを果たし、ビバリーヒルズに住むまでに至ったのです。今回はそのような壮絶な人生を歩んできた、ブラッド・ピット氏の語る幸せと成功の秘訣について紹介したいと思います。※インタビュー形式での対談ですので、記者とブラピとの交互のトーク形式でご紹介します。

 

ブラッド・ピットが幸せは過大評価と語る

 記者:イケメン像やセックス・シンボルみたいなものに反抗しようと考えたことはありますか?それとも、逆にそれらが自分の一部であるという風に捉えているのでしょうか?

 

ブラピ:以前説明したように、ポップのジャンルにカテゴライズされた時、後からいくらでもクラシック・ロックで切り返すことができる。ですので、そういった縛りは、逆に自分にとっていいモチベーションになる。

 

 記者:自身の強みになるということでしょうか?

 

ブラピ:どちらかというと、サプライズ性に近い。エンターテインメント業界では、サプライズは大きな要素のひとつだから。

 

 記者:俳優業はあと何年続ける予定でしょうか?

 

ブラピ:あと3年だね。

 

 記者:3年後は何が起こるのでしょうか。

 

ブラピ:そんなの知ったことじゃない。今はプロデューサー業や、物語を創り上げることを非常に楽しんでいる。そして、そのストーリーがなかったら、非常につらい思いをしなくてはならなかった人たちに、届けることに集中している。今まで私自身、たくさんのことから逃れてくることができたし、逃れられずに苛立ったこともあった。

 

 記者:なるほど。では聞きたいのですが、今は幸せでしょうか?それとも不幸なのでしょうか?

 

ブラピ:正直に言うと、幸せという言葉は過大評価されすぎている。人は幸せな時もあれば、不幸な時もある。幸せであるべきだということにプレッシャーがかかり過ぎている。本当に私は、幸せなんかどうでも良いと思っている。自分が幸せな時もあれば、そうでない時もあるっていうことを、自分でも自覚している。満足感や平和の方を自分にとっての、ゴールとして捉えている。

 

 記者:じゃあ、今日は比較的満足していると言って良いのでしょうか。

 

ブラピ:満足、、、そうだな、そうだと言おう。ただ、おそらく来週は満足していないだろう。

 

 記者:でもその次の週は、また満足しているのですね?

 

ブラピ:その次の週は満足しているだろうね。そういう状態に、私は満足している。

 

ブラッド・ピットのインタビューを振り返って

以上が今回紹介するインタビューになります!

今、日本では世界の国々と比較しても幸福度がかなり低いと話題ですが、ブラッド・ピット氏は幸せという言葉は重要ではないとぶった切りました。人は幸せにもなれば、不幸にもなる、それが自然な状態なので、無理してプレッシャーを感じながら幸せを追い求めることは、かえって逆効果になってしまうのでしょう。

 

「幸せという言葉は過大評価されすぎている」ということが、このスピーチのキーワードなので覚えておきましょう。

 

ただスピーチを読んで「世の中にはすごい人がいるんだな~」と思って何もしないというのは非常にもったいないことです。せっかく時間をかけて読んだからには、このスピーチをモチベーションアップの材料にして、何か新しいことに挑戦してみて下さい!

 

 

「本当にパッションはあるのか?」とコナー・マクレガーがあなたに問う

f:id:potentialight:20190909234112j:plain

コナー・マクレガー(Conor Mcgregor)

イントロ

偉人と呼ばれる多くの人達は、成功体験だけでなく、過去にたくさん辛い思いをしています。色んな壁を乗り越えて、自分の夢へと突き進んだことで、はじめてその偉業を認められるのです。偉人達が私達に贈るスピーチには、そんな経験から生まれた大事にメッセージが込められています。当ページでは、世界中の偉人のメッセージを日本語に翻訳し、皆さんに提供していきたいと思います。

 

どのような人なのか

コナー・マクレガー氏はアイルランド総合格闘家です。元UFC世界ライト級王者、元UFC世界フェザー級王者、UFC世界ライト級ランキング3位、UFC史上3人目の二階級制覇王者、UFC史上初の二階級同時王者、UFC史上初のアイルランド人王者など、多くの実績を残してきました。ダブリン出身の彼は日本ではそこまで知名度がないかも知れません。2017年のフロイド・メイウェザー戦で、彼の事を知ったという方もいるのではないでしょうか。今回はそんなマクレガー氏の弛まぬ努力の秘訣を少しだけ紹介してみたいと思います。

スピーチ

私がここまでこれた理由と、これからも進み続けられる理由は

 

恐ろしいほどの努力を注いできたからだ。

 

あなたが本当にパッションを持っていることにしか、そのレベルの熱量は注げない。

 

そして、私の人生の全てをパッションのあることに捧げてきた。

 

パッションを持っている事ではないと、100%コミットすることはできない。

 

周囲をしっかりと見渡し、自分が関与していることに興味を示し、

 

自分の全てをこのことに捧げられるかということを自問自答するべきである。

 

私は本当に、本当に感謝している。

 

何かよくわからない、 このパッションというものを見つけることができて。

 

私はキャリアの若いころ、モチベーションとエナジーに欠けているときがあった。

 

ダブリンの郊外からきた自分は、ここにいるべきではないだとか、考えたこともある。

 

しかし良いことには、真実が光るから、いつでもものごとの良い面を見るようにしてきた。

 

自分が来たところでは、こういった高みを目指すべきではないと言われてきた。

 

だから、自分はそのしきたりを破り、自らの道を歩んでいきたいと考えたのだった。

 

まとめ

以上が今回紹介するスピーチのワンシーンになります!

 

「パッションを持って取り組め」ということが、このスピーチのキーワードなので覚えておきましょう。

 

ただスピーチを読んで「世の中にはすごい人がいるんだな~」と思って何もしないというのは非常にもったいないことです。せっかく時間をかけて読んだからには、このスピーチをモチベーションアップの材料にして、何か新しいことに挑戦してみて下さい!

 

参考に

コナー・マクレガー氏についてさらに深く知りたいという方は、こちらのアイテムもぜひ参考にしてみてください。


コナー マクレガー アート 怖い 人物画像ポスター Tシャツ メンズ 半袖 無地 クルーネック ティシャツ シンプル 春 夏 秋
>


コナーマクレガー 格闘家 柔術 王者壁掛け時計、フラット時計、PVC時計、自宅の寝室のリビングルームオフィスに適しています


自動開閉式折りたたみ傘 コナーマクレガーConor McGregor 傘 防風、防水および紫外線抵抗、持ち運びが簡単で、パーソナライズがいっぱい 学校、旅行、買い物、買い物、仕事

9月14日に、イチローがシアトルに向けて語ったスピーチを漏れなく全文紹介!!!

f:id:potentialight:20190915222858j:plain

イチロー(ichiro)


イントロ

偉人と呼ばれる多くの人達は、成功体験だけでなく、過去にたくさん辛い思いをしています。色んな壁を乗り越えて、自分の夢へと突き進んだことで、はじめてその偉業を認められるのです。偉人達が私達に贈るスピーチには、そんな経験から生まれた大事にメッセージが込められています。当ページでは、世界中の偉人のメッセージを日本語に翻訳し、皆さんに提供していきたいと思います。

どのような人なのか

イチロー選手についての紹介は必要ないと思いますが、一応紹介しておきます。イチロー選手は本名を鈴木一朗と言い、1973年、愛知県で生まれました。イチロー選手は日本プロ野球でプレイした後、MLBメジャーリーグベースボール)でプレイしています。日本でありとあらゆるタイトルを総なめにした彼は、アメリカに移った後、日米通算最多安打数記録を樹立し、ギネスブックにも載りました。イチロー選手はアメリカでのキャリアをシアトルではじめ、シアトル・マリナーズの一員としてプレイしました。今回はそんな彼がセレモニーで語ったスピーチの全文を紹介したいと思います。

スピーチ

 私はとても緊張している。

 

やりましょう。

 

YUSEI!

 

今日、泣くのはだめだよ!

 

ノークライイング。

 

これは、嬉しい機会だ。

 

私が東京で引退したとき、不完全な気持ちがありました。

 

シアトルの素晴らしいファンたちがいなかったからです。

 

今夜、長年のサポートに対する、私の感謝の気持ちを示したい。

 

私が2001年にシアトルに来たとき、どのポジションにおいても日本から野球選手が来たことはありませんでした。

 

あなたたちが、もらったのは27歳の選手でした。

 

小さくて、痩せ型、そして無名だった。

 

あなたたちは、私を受け入れる必要などなかった。

 

しかし、私を両腕いっぱいに受け入れてくれ、それを止めることはなかった。

 

私が去った後も、帰ってくることができた。

 

2018年にシアトルに戻ってこれたことに、本当に感謝している。

 

理由は、あなたたちファンである。

 

シアトル、ありがとう。

 

アメリカ中のファンにも感謝を述べたい。

 

ニューヨークやマイアミだけでなく、ビジティングプレーヤーとして訪れた場所にも官署を述べたい。

 

野球は、本当に国民的な余暇である。

 

野球を心から愛し、尊敬する人たちの前でプレイできて、非常に感謝している。

 

偉大な選手と共に野球をプレイしてきたことを、非常に光栄に思う。

 

彼らは私のゲームをより高いレベルへ上げてくれた。

 

今は、将来チャンピオンシップを持ってきてくれる、若くてタレント豊富な選手たちと時間を過ごすことができている。

 

20歳の年齢ギャップは言うまでもなく、言語とカルチャーギャップの壁を乗り越え、彼らと共に時間を過ごすことを楽しみにしてきた。

 

彼らが野球に対して持つ、パッションが本物だったからだ。

 

キャリアを振り返ってみると、もし私を誇らしく思わせるものがあるとすれば、それは日々のチャレンジを乗り越え、毎日同じパッションを持ち続けたことである。

 

2001の最初の日から、2019年の最後の日まで。

 

私達がシーズンの最終日に入るにつれ、すべてのプレイヤーは自分にこう言い聞かせるべきである。

 

プロフェッショナルになる、とはどういうことか。

 

これらシーズン終盤の日々は、最初の日と、シーズン中盤の日と同様に重要である。

 

毎日、真剣に仕事に向かい合わなければならない。

 

同じパッションを持って。

 

それは、あなたがパフォーマンスに与えることのできる最大のギフトである。

 

そして、このスペシャルなゲームを見に来てくれるファンに対してもだ。

 

シアトル・マリナーズに対して、私が愛するようになったシアトルの地で、私の愛するゲームをプレイするチャンスを与えてくれて、永久に感謝しています。

 

家族へも、その弛まないサポートに対してありがとうと言いたい。

 

さあ、今から野球をプレイしよう!

 

まとめ

以上がスピーチ全文になります!

 

「パッションを絶対に忘れないこと」ということが、このスピーチのキーワードなので覚えておきましょう。

 

ただスピーチを読んで「世の中にはすごい人がいるんだな~」と思って何もしないというのは非常にもったいないことです。せっかく時間をかけて読んだからには、このスピーチをモチベーションアップの材料にして、何か新しいことに挑戦してみて下さい!

 

参考に

イチロー氏についてさらに深く知りたいという方は、こちらのアイテムもぜひ参考にしてみてください。


証言 イチロー 「孤高の天才」の素顔と生き様


エンスカイ FOREVER LEGEND イチロー 2020年カレンダー


イチロー・インタビューズ 激闘の軌跡 2000-2019